Trainer's Note

パーソナルトレーナー/鍼灸学生の吉田陵です

ブログで書きたい事

「トレーニングをする事の必要性を伝える」という事をテーマにしているこのブログですので、書きたい題材は沢山あります。しかし、どうしても更新が滞ってしまいます。その理由は2つあります。

 

①運動指導者として無責任な事は書けない

②自分の視点や考えだけではなく、研究結果や発表された論文等から題材を掘り下げたいので調べるのに時間がかかる

 

現在、ブログ記事として作成を考えているのは以下の内容です。

 

高齢者の転倒・骨折のリスクを下げる為に

高齢者の嚥下機能はトレーニングによって高まるか

パーソナルトレーニング受けない事で得する事はあるのか

・ジムでのマナーについて

・健康な時こそ鍼と灸を受けてほしい

・ジムで正確なエクササイズをしている人は殆どいない

サプリメントは必要か

整骨院で働いて思うこと

・トレーナーとしてスキルを高める為に自分はどのような事をしているか

・学生にトレーニングを指導する事の意味

・自分の指導しているジムやスタジオの紹介

 

少しずつ更新していきたいと思います!

 

吉田

r . y o s h i d a 7 7 @ i c l o u d . c o m

解剖学

鍼灸科の1年次では以下の科目を学んでいます。

 

・解剖学

・生理学

・衛生学

東洋医学概論

経穴概論

鍼灸実技

・臨床東洋医学概論

・東洋文化論

・英語

 

中でも私にとって興味深いのは解剖学です。

医療系の学生なら必ず勉強する「解剖学」とは、骨や筋肉・皮膚・神経といった目に見える人体の構成要素を学ぶ学問です。

 

トレーナーとして、解剖学や人体についての基本的な知識は持っていたつもりでした。しかし、解剖学を一から勉強して感じることは、人体の底知れぬ奥深さです。そしてその構成の無駄の無さは決して偶然の産物とは思えないほどです。解剖学はトレーナーとして、鍼灸を行う者として絶対に欠かすことのできない分野の一つですので、しっかり勉強していきたいと思っています!

 

 

パーソナルトレーナー 吉田 陵

r . y o s h i d a 7 7 @ i c l o u d . c o m

 

トレーニング指導で気をつけていること

今年、勇んでブログを始めてみたものの全く更新していない状態でした。そんな私のブログでも、目を通して下さる方がいらっしゃるので、改めて読んでくださる方のお役に立つようなブログを書いていきたいと思います!

 

パーソナルトレーナーやチームトレーナー、グループレッスンのインストラクターとしての指導業務において、自分なりに色々と気をつけていることや工夫していることがあります。しかし、そのような事は指導を受けて下さる方には関係無いと思いますので、敢えてお話することはありません。ただ、そういった工夫の数々はトレーナーとしての矜持でもあります。よって、私の指導にかける意気込みを伝えることも必要だと思いますので幾つか挙げてみます。

 

・指導前、時間の許す限りこれから使う器具や設備の掃除をしています。

→クライアントの方に気持ち良くトレーニングしていただけるように!

 

・指導の開始前、必ずクライアントの方の顔色や目の様子、全体の雰囲気を見ます。

→クライアントの体調は必ず把握しなくてはいけません!

 

・指導の冒頭でその日のトレーニングや目的を必ずクライアントの方と確認します。

→「誰の為のトレーニングなのか」をはっきり認識していただくのです!

 

・トレーニングプログラムをボードに書き、常にクライアントの方が見えるようにしています。

→目的地に的確に向かう為には、地図や道標が必要です!

 

・指導中、レップ(回数)を声に出して数えることは敢えてあまりしていません。

→数を数えるなんて誰にでもできることです。(自分はよくカウントを多めに数え間違えますが笑)

 

・エクササイズの序盤と終盤では、声の掛け方や伝える内容を変えています。

→スクワットの1回目と10回目では「状況」が全く違います!

 

・指導中、クライアントの方に仰向けになっていただく際は天井の照明を確認しています。

→眩しいと集中できません!

 

パーソナルトレーニングの後のご予定や次の日の予定等を必要最小限度でお聞きする場合があります。

→細かい作業をされる方(医師等)の業務に影響が出ないように!

 

その他細かい事や全くもって当たり前の事もありますが、以上のような事を考えて私はトレーニング指導にあたっております!

 

 

パーソナルトレーナー 吉田 陵

r . y o s h i d a 7 7 @ i c l o u d . c o m

 

一つのエクササイズを大切にしたい

久しぶりのブログ更新です。

僕自身、勉強の一環として、著名なトレーナーの方々のブログを見ています。僕なん

かよりよっぽど忙しいと思われるのに、定期的にちゃんと更新して、しかも読む人に何

かを与えるような中身のあるブログを発表している先輩方を思う度、己の修行の足り

なさを痛感します。

 

本題です。

トレーニング指導についての自分の考えを述べます。

我々パーソナルトレーナーの指導時間は、基本的に60分で1コマということが殆どで

す。その60分の指導時間のうち、いくつのエクササイズを指導するべきか、という事

を最近よく考えています。一般的に、60分あれば少なくても3つ、効率良くやれば5,

6種類くらいのエクササイズが指導ができるでしょう。しかし数が多ければいいという

わけではないと私は考えています。

 

一つ一つのエクササイズをいかにちゃんと行っていただくか。

そのエクササイズを行う意味や価値をしっかり伝えられているか。

通り一遍で紋切り型の指導ではなく、自分というトレーナーにしかできない指導を提供

できているのか。

 

これらは常に考えていかなければいけない事です。でなければ、指導に「飽きて」しま

うのです。それは恐ろしい事です。

「深みのある指導がしたい」といつも思っています。

 

 

パーソナルトレーナー 吉田 陵

r . y o s h i d a 7 7 @ i c l o u d . c o m

 

Jリーグ観戦

友人のご厚意で、初めてJリーグを観戦してきました。

場所は埼玉スタジアム2002、対戦カードは浦和レッズvs.ベガルタ仙台です。

 

f:id:trainersnote:20170408010002j:plain

 

なんと、初めてのサッカー観戦ながら「VIP」として見させていただいたのです!

VIPだと専用の席はもちろん、試合前に食事が食べられたり、試合中は飲み物を

いただけたり、ハーフタイムにはスイーツブッフェがあったりと至れり尽くせりです。

それだけでなく、試合前には選手がご挨拶に来てくれるのです!

 

 

私はJリーグには疎く、スポーツニュースでなんとなく試合結果を見るくらいだった

のですが、やはり生で試合を見ると選手達の躍動感にドキドキしますね!

また、埼玉スタジアム浦和レッズのホームグラウンドということで、サポーターの

応援も熱かったです。

プロスポーツの世界は困難な事ばかりだと思いますが、やはりピッチに立てる選手達は

幸せですね。是非ご自身の持っている能力を遺憾なく発揮して欲しいです。

そして、今後機会があれば私がそのお手伝いができればと思いました!

 

 

ポジションによっても変わりますが、サッカー選手に対してプログラム作るなら、

私なら以下のような感じにします。

・コンタクトに負けない身体を作る「オーバーヘッドプレス」や「ローイング」

・パワフルなシュートを生み出す「ランジ」

・ヘディングの高さを向上させる「クリーン」

・故障のリスクを低下させる「R D L」

 

 

吉田

専門学校での授業が始まりました

先週末に専門学校の入学式を終え、週明けから登校しています。そして今日(水曜日)から本格的に授業が始まりました。

 

今現在、私は自分が歩んできた人生を概ね満足しています。しかし、やはり「あの時こうしておけばよかった!」と思う事が多々有ります。その中の一つが「学生の時にちゃんと勉強しておけばよかった・・。」ということです。(共感していただける方も多いのではないかと思います)

 

私は「人はどうすればの自分の能力を高めることができるのか」「目標達成の為には何が必要なのか」「頑張るとはどういうことなのか」を理解しているつもりです。それらはクライアントの方々やレッスンを受けてくださっている皆様が身を以て私に教えてくださったからです。

 

今回、鍼灸を学び資格を取得する事を最大の目標に専門学校に進学しました。でも、せっかくの機会なので、前述の「勉強しておけばよかった・・。」という「自分への借り」も返そうと思っています!

 

吉田