Trainer's Note

パーソナルトレーナー/鍼灸学生の吉田陵です

GS Performance

先日、都内にある「GS Perfomance」へ行ってきました。

この「GS Perfomance」というのはS&C(ストレングス&コンディショニング)コーチである加賀洋平さんという方が主催しているトレーニング施設です。今回私はここで開催された講習会に参加してきました。

 

主催されている加賀さんはよくおっしゃっています。

「運動指導者の成長は運動指導者自身のためではない」

「できないことで迷惑をこうむるのは指導者自身ではない。そんな指導者の指導を受けなければならない運動選手・クライアントだ」

 

 

生徒は先生の影響を大きく受けます。しかし、その先生の指導が本当に正しいのかどうかは生徒には分かりません。

様々な情報が入り乱れている現代ですが、トレーナー業界も例外ではなく、色々な指導者・トレーナーが色々な指導を提供しています。そのような状況の中で、加賀さんの理念・指導は我々指導者が目指すべき方向を示す道標になると私は考えています。そしてそういった正しい教育を受けることが、最終的にトレーナーの指導を受ける方に還元されるのです。

 

加賀さんのようなコーチの存在を知り、直に指導を受けている自分の「審美眼」は本当に頼もしく思います。自分でもそう言えるくらい、氏の発する言葉や指導は正しいものなのです。もちろん加賀さんと私ではバックグラウンドが全然違いますし、お互いの個性の違いもあります。加賀さんからご教授いただいたこと全て鵜呑みにして真似するのではなく、うまく自分のフィルターを通し、必要に応じアレンジして私の指導を受けてくださる方へお伝えできればと考えています。

 

f:id:trainersnote:20170331102847j:plain

 重なっていてほとんど見えませんが、私の奥にいるのが加賀洋平さんです。

 

 「ウェイトトレーニング」を指導しているトレーナーはもちろん、アスリートの方であれば一度は加賀さんの指導を受けてみてほしいです。もちろん、一般の方への指導もされていますので、興味がある方は是非「GS Perfomance」を訪れてみてください。指導は受けられなくても、ブログだけでもご覧になってみるととても興味深いですよ!

 

吉田

 

gsperformance.tokyo