Trainer's Note

パーソナルトレーナー/鍼灸学生の吉田陵です

読書が好きです

人生の中で楽しみはいくつもありますが、私の場合は何と言っても「読書」です!
とにかく本を読みたい!といつも思っています。
本を読むという行為の意義や効果、その素晴らしさは今更僕が言うまでもありませんので、ここでは、私が何度読み返しても飽きることのない愛読書を2冊と、これから読みたい本をお伝えします。

 

愛読書①山月記中島敦

名作中の名作です。
私自身の感想としては、この作品は「人間」という摑みどころのないものの部分を寸分の狂いもなく的確に描いているなあと思っています。そして、何と言ってもその文章は作中の表現を借りれば「格調高雅、意趣卓逸、一読して作者の才の非凡を思わせる」と言えるものです。読み方によっては悲劇とも喜劇とも読み取れる物語の奥行きも圧巻ですね。

こちらで読めます!

 

愛読書②「道は開ける」D・カーネギー

これも私が言うまでもないでしょう。人類の必読書の一つだと思います。読み進める度に、著者の信念が直に伝わってきます。

 

そして、以下は私がこれから読みたいと思っている本です。来年初頭の国家試験が終わったら読み始めます!

 

「読書について」ショウペンハウエル

終戦日記」大佛次郎

「ヒトはいかにして人となったか」T・W・ディーコン

「アーロン収容所」会田雄次

「スパイのためのハンドブック」ウォルフガング・ロッツ

「真説・佐山サトル タイガーマスクと呼ばれた男」田崎健太

 

 吉田  陵

r . y o s h i d a 7 7 @ i c l o u d . c o m

f:id:trainersnote:20180916143409j:plain